Project

General

Profile

Actions

CiscoでFlet's ISDN

終わりが見えているサービスで何をいまさらという感じですが、ひとつの記録として。

interface Loopback1
 ip address xxx.xxx.xxx.xxx 255.255.255.255
!
interface BRI0
 ip unnumbered Loopback1
 ip access-group bri0_in in
 ip access-group bri0_out out
 ip mtu 1454
 ip nat outside
 ip virtual-reassembly in
 encapsulation ppp
 dialer idle-timeout 0
 dialer string 1492
 dialer-group 1
 isdn switch-type ntt
 isdn point-to-point-setup
 ppp authentication chap callin
 ppp chap hostname foo@bar.baz
 ppp chap password 7 ********
 no cdp enable
!

ポイントとなるのは、

  • BRIインタフェイスには、直接ISPより払い出されたIPアドレスを書かない。
  • その代わりにLoopbackインタフェイスを設定、そちらへ払い出されたIPアドレスを記載する。

という点です。こうしないと、 無通信による接続断発生時に、自動再接続を実施することができませんでした

Updated by Tsutomu KIMURA over 6 years ago · 1 revisions locked