Project

General

Profile

Actions

CiscoでDHCPクライアントかつ固定IPアドレスを割り振る場合の設定/補遺

サーバ側の設定

固定IPアドレスを複数割り付ける場合

そういう場合もあります。機材はCisco1812J。

ip dhcp excluded-address 10.0.125.1 10.0.125.2
!
ip dhcp pool VLAN-32-dynamic
 network 10.0.125.0 255.255.255.0
 domain-name local
!
ip dhcp pool VLAN-32-static
 origin file flash:125-block-dhcp-static.txt
 dns-server 10.0.121.6 
 default-router 10.0.125.1 
 domain-name tkn.funabashi.chiba.jp
 lease infinite
!

やっぱり読めばわかると思うが、一応。

  • IPアドレスブロックは10.0.125.0/24。
  • 固定のIPアドレスを割り当てパターンはフラッシュメモリの中のファイル`125-block-dhcp-static.txt'[1] に記述。その中身は;
*time* Aug 26 2012 05:40 PM
*version* 3
!IP address Type Hardware address Lease expiration 
10.0.125.2 /24 id 0100.14a8.2012.09 Infinite
10.0.125.3 /24 id 0100.14a8.2012.0a Infinite
*end*

となる。空白をデリミタとして見た場合、第4パラメータが一件MACアドレスっぽく見えるが、これはclient-identifierと呼ばれる値で、01+MACアドレスという組み合わせになっている。詳細はCiscoのWebペイジ を参照。

注意

上記の様に外部ファイルに持たせる場合、 * time * と * version * の更新を忘れない様に注意。さもないと、どーなっても知らないよ?

1 勿論、所定のフォーマットに従ったものであり、かつフラッシュメモリ内に保存されていればファイル名は何でも構わない。

Updated by Tsutomu KIMURA about 8 years ago · 3 revisions locked